ペット保険は内容をよく確認してから

最近、話題のペット保険。ペットの高齢化、多様化によるものと思われます。
実際、ペットの医療費が高いと感じている方も多いと思います。
そこで賢いペット保険の入り方についてワンポイントアドバスです。

ペットと言っても、そのほとんどの保険は犬と猫が対象です。
中にはウサギなどの小動物、小鳥、爬虫類を対象とした商品もあります。

ペット保険では、商品により保障の種類が幾つか分かれています。
商品により保障額、保障回数などに違いがあります。
犬や猫の場合、犬猫の種類により3種程度に保険料が異なっています。
また、保障割合も90%、75%、50%といった具合に選ぶことが出来ます。

このようなペット保険を選ぶ上で大切なことは、あなたのペットが病院にかかる可能性がどの程度なのか?
病院に行く頻度はどの程度なのか?と言う点を自分なりにキチンと見定めることです。
犬猫の種類、年齢、個体差により選ぶものは違ってきます。
また、自分のペットがかかりそうな病気の一般的な治療費を調べて参考にすると良いでしょう。

保険はリスクに対する補償なので、そのリスクがどの程度あるかと言うことです。
最初は保険に入るのだからと、ついつい保障を大きくしてしまいがちですが、慌てずに良く考えて判断することを勧めます。愛媛県行ってみない?

PAGETOP